東京玩具人形協同組合
 
ホーム リンク お問い合わせ
 組合について
◆組合概要
◆トイジャーナル
 キャンペーン活動
◆こどもの日
◆孫の日
◆クリスマス
 見本市
◆開催概要
◆プレスリリース
 お問い合わせ
◆問い合わせ
 その他
◆業界リンク
◆プライバシーポリシー
トイジャーナルのホームページへはこちら
トイジャーナルのホームページ
おもちゃ業界最速情報「web tj」へはこちら
おもちゃ業界最速情報「web tj」
「日本のおもちゃ情報」はこちら
日本のおもちゃ情報
 
こどもの日キャンペーン
 
《5月5日はおもちゃの日》

昭和23年(1948年)7月24日に発表された国民の祝日に関する法律の中で、以前より「端午の節句」だった5月5日を、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母親に感謝する日」として、新たに「こどもの日」に制定することになりました。

記念すべき第1回「こどもの日」実施の年となる昭和24年(1949年)、東京玩具人形協同組合を始めとする玩具業界は「こどもによい玩具を与える」「玩具を大切にする」「親たちに玩具についての関心を深めさせる」ために、5月5日の「こどもの日」を「おもちゃの日」とする運動を行いました。そして、東京銀座の松坂屋で実施した「おもちゃの祭典」を始め、約5万点のおもちゃを養育院・母子寮・戦災孤児収容所など約90カ所の児童施設に贈るなど、各地で大々的な記念行事を開催したのです。

それ以降、玩具組合では毎年5月5日にかけてのゴールデンウィーク期間中、おもちゃプレゼント(トイプレ)を始めとする様々なイベントを実施し続けています。
 
こどもの日 おもちゃの祭典

1949年に東京・銀座松坂屋で開催された「おもちゃの祭典」の模様

《毎年「おもちゃ週間キャンペーン」を実施》

現在は東京玩具人形協同組合の「振興委員会」及び「こどもの日実行委員会」が、5月5日の「こどもの日」に向けて毎年「おもちゃ週間キャンペーン」を開催しています。

東京・渋谷のNHK放送センター正面玄関前広場でゴールデンウィーク期間中に実施していた「NHKおもちゃ広場」では、協賛するおもちゃメーカー各社から提供された多数のおもちゃで自由に遊んで貰うコーナーを展開していました。
さらに、5月5日には参加したこども達におもちゃがプレゼントされる「トイプレ 大鯉の輪くぐり大会(※)」を開催し、9メートルの巨大な鯉のぼりの中をくぐった子ども達にはおもちゃのたくさん入った「お楽しみ袋」がプレゼントされ、たいへん喜ばれていました。

※現在は実施しておりません
 
9メートルの大鯉くぐり 鯉をくぐったこども達は健康で賢い子に!
 
 
このキャンペーンは東京玩具人形協同組合の振興委員会が社団法人日本玩具協会の名称の下に実施しています。


     
Copyright (C) 2006-2017 TOKYO TOY & DOLL COOPERATIVE ASSOCIATION. All Rights Reserved.